『特許出願Lite』とは

『『特許出願Lite』は、「まずは特許出願!」「とりあえずは特許出願!」と考えるビジネスパーソンに向けた新しい特許出願サービスです。 特許出願は、なにも特許権の取得のみを目的とするものではありません。特許出願によって得られる宣伝効果や抑止効果には計り知れないものがあります。  『特許出願Lite』による効果を気軽に享受していただくために、「useful+reasonable」な料金に設定しています。

『特許出願Lite』の特徴

『特許出願Lite』は、通常の特許出願に比べると安価な料金設定となっていますが、決っして「低料金=低品質」ではありません。サービスの質を下げるのではなく、特許出願の目的に応じて出願書類の作成に要する作業量を調整することで低料金を実現しています。 『特許出願Lite』は、通常の特許出願と同じく弁理士が代理人となって出願を行ないます。出願による法的効果なども通常の特許出願と全く同じです。どうぞ安心してご活用ください。 決っして「低料金=低品質」ではありません。 サービスの質を下げるのではなく、特許出願の目的に応じて出願書類の作成に要する作業量を調整することで低料金を実現しています。 特許出願Liteは、通常の特許出願と同じく弁理士が代理人となって出願を行ないます。出願による法的効果なども通常の特許出願と全く同じです。

『特許出願Lite』は特に以下のようなケースに好適です

  • 自らの事業が第三者からの訴追等によって継続できなくなることを回避したい。
  • 事業開始に先立って早急に特許出願だけはしておきたい。
  • 自らが発明したことを公的に証明できるようにしておきたい。
  • 一つの出願に複数の技術を盛り込むよりも一技術一出願をリーズナブルに実現したい。
  • ライフサイクルの短い製品やサービスであるため、権利取得よりも「特許出願中」と表記できることを重視している。
  • 多忙のため、弁理士とのやりとりをできる限り少なくしたい。
  • 特許出願済みの発明の改良であるため、以前作成した文章や図面と多くの部分が共通する。

『特許出願Lite』は定額料金

12万円+消費税+特許印紙代(14,000円)

*日本国内の特許出願に限ります。
*印紙代は特許庁に支払う代金になります。

『特許出願Lite』の依頼から出願までの流れ

専用フォームから必要事項をご記入の上お問い合わせください。→担当弁理士よりメールでご連絡いたします。(あわせて出願依頼書および発明説明書をお送りいたします)
出願依頼書および発明説明書に必要事項をご記入の上、担当弁理士にご返送をお願いします。
またご希望の期日までにご入金をお願いします。→ご入金が確認できましたら出願書類の作成に着手いたします。完成した出願書類は暗号化メールで送信いたします。
出願書類のご確認(査読)をお願いします。→修正等を加えた後に特許出願を行います。特許出願後に特許出願完了報告書をメールもしくは郵送にてお送りします。

『特許出願Lite』ご依頼フォーム

プライバシーポリシー

本ウェブサイトを通じて得た個人情報を含む全ての情報、その他業務上取り扱ったことについて知り得た秘密情報については、担当責任者が細心の注意を払って管理しており、弁理士法に規定された業務範囲(弁理士法第4乃至6条)を目的とする業務においてのみ利用させていただき、これ以外の目的で利用することはございません。 また、弁理士法第30条により弁理士には守秘義務が課されています。 正当な理由がなく、その業務上取り扱ったことについて知り得た秘密を漏らしたり、または盗用することはありません。